勃起障害にED治療薬

育毛剤の副作用としての勃起障害と癌のリスク

育毛剤は薄くなった頭皮の毛を改善するために使用するもので医薬品として販売されているものから化粧品として販売されているものまでさまざまです。また含まれる成分もそれぞれの育毛剤で異なってきますし、その効果に関しても医薬品を除けば個人差が大きいものといえます。
一方で育毛剤でも医薬品として販売されているものに関しては、その効果の高さから副作用のリスクがあるので注意が必要です。医薬品としての育毛剤の主成分としてはミノキシジルとフィナステリドの2種類があります。ミノキシジルは血管拡張作用があり、外用薬として使用することで毛根細胞を活性化させ発毛を促します。一方でフィナステリドは男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに作用することで抜け毛の原因を取り除きます。
いずれも本来は育毛剤として開発されたものではなくその副作用に育毛作用があることが発見されて、育毛剤として販売されています。そのため副作用のリスクもほかの育毛剤に比べて高いと言われています。特に多いのが男性ホルモンに作用するタイプで、勃起障害や前立腺癌になるリスクがあります。これは身体のホルモンに影響することが原因と考えられており、またもともとフィナステリドは前立腺肥大症を改善するための薬として開発されたため、勃起障害や前立腺癌といった方面での副作用が出やすい可能性があります。
ただし、勃起障害や前立腺癌は誰にでも起こる可能性がある病気であり、フィナステリドを使用したからずば抜けて発症率が高まるというものではありません。特に育毛剤として使われている成分は、本来の前立腺肥大症に使われる量と比べると非常に少ないため、これが決め手となって発症するわけではありません。